印刷業界ニュース ニュープリネット

富士ゼロックス 基幹業務用モノクロ高速連帳プリンターの新製品

2019.9.12

650J Continuous Feed Printing System (Model-GX)

650J Continuous Feed Printing System (Model-GX)

富士ゼロックスは10月7日、国内でコンピュータープリンティングシステム市場向けに基幹業務用モノクロ高速連帳プリンター『650J Continuous Feed Printing System (Model-GX)』を発売する。

新製品は、様々なメーカーのホストコンピューターが生成するデータを変換する必要なくそのまま出力することができる、マルチホスト・マルチPDL(ページ記述言語)対応のモノクロ連帳プリンター。従来モデルの特長であった毎分600ページ(A4サイズ換算)の高生産性と600dpiの高解像度・高密度印字は継承し、コントローラーを一新。同社のプロダクションプリンターで実績のあるコントローラー「GX Print Server」をシリーズで初めて搭載した。

また、新製品は非接触のフラッシュ定着方式を採用したトナー印字により、坪量60g/平方メートルの薄紙から160 g/平方メートルの厚紙や、隠蔽はがきなど、幅広い種類の用紙にプリントが可能。