印刷業界ニュース ニュープリネット

東印工組 東京都のVOC排出削減事業を受託

2017.8.22

東京都印刷工業組合は、このほど、東京都環境局の「民間と連携した揮発性有機化合物排出削減対策推進事業」(VOC排出削減推進事業)の実施団体に採択された。
同事業は、東京都内の事業活動に伴い、大気に排出される揮発性有機化合物(VOC)の排出削減対策を自主的に行う事業者団体を東京都が支援し、VOCの排出削減を推進するもの。事業者がVOCの排出を削減するための環境関連認証取得費(日印産連のグリーンプリティング認定、全印工連の環境推進工場登録とCSR認定)やVOC警報器の導入費用の2分の1を都が助成する。

助成内容や手続きなどの詳細は、受付方法や申請方法などの詳細が決定次第、PR冊子の作成などを通じ、別途案内を行う予定。また、東印工組では、このVOC排出削減推進事業に関する専用サイト「東京都内印刷業VOC排出削減事業ポータル(http//WWW.voc-tokyo.com/)」を開設した。今回の事業の設計図となる自主行動計画(業界の現状、事業の基本方針、啓発事業計画、交付事業計画、アンケート調査結果)をはじめとして、助成金交付要綱(事業対象者、助成事業内容、助成対象経費、助成金交付額)の確認や実際の申請書などがダウンロード出来るサイトとなっている。