印刷業界ニュース ニュープリネット

経済産業省 国内BtoC-電子商取引市場規模は13.8兆円に成長

2016.6.15

経済産業省は、「平成27年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」(クリックすると拡大します)

経済産業省は、「平成27年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」(クリックすると拡大します)

経済産業省が発表した「平成27年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」によると、日本のBtoC(消費者向け)電子商取引市場は前年比7.6%増の13.8兆円に拡大した。BtoB(企業間)電子商取引市場も3.0%増の288兆円に成長している。

EC(電子商取引)化率は、BtoC-ECが前年比0.38ポイント増の4.75%、狭義BtoB-EC(※1)が前年比0.7ポイント増の19.2%、広義BtoB-EC(※2)が前年比0.8ポイント増の27.3%と増加傾向にあり、商取引の電子化が引き続き進展している。

※1インターネット技術を用いたコンピューターネットワークシステムを介して、商取引(受発注)が行われ、かつ、その成約金額が捕捉されるもの。

※2コンピューターネットワークシステムを介して、商取引(受発注)が行われ、かつ、その成約金額が捕捉されるもの。