印刷業界ニュース ニュープリネット

コニカミノルタ 初のヘビープロダクションプリント機AccurioPress C14000シリーズ

2020.6.9

AccurioPress C14000シリーズ

AccurioPress C14000シリーズ

コニカミノルタは6月17日、デジタル印刷システムのカラー最上位機種『AccurioPress C14000』と『AccurioPress C12000』を発売する。発売に先駆け、7月8日まで新製品発表特設サイトを公開した。

新製品はコニカミノルタ初のヘビープロダクションプリント機で、本機の投入により大量印刷領域へ進出するとともに、プロダクションプリント市場へ提供する価値を拡大する。出力解像度は2,400dpi。毎分A4サイズ140ページ、A3サイズ80ページの高速出力の能力を持ち、他社に先駆けた出力調整や紙面検査の自動化技術、最適な印刷設定を推奨するメディアセンサーにより、ハイボリューム領域でも他に例を見ないオペレーションの効率化を実現した。これにより、印刷現場におけるタイムロスを最小化させるだけでなく、オペレーターの専門スキルを不要とし、印刷事業者が採用できる人材の幅を広げる。

新製品に搭載されているメディアセンサーは、印刷に使用する用紙を設定したい場合に、紙を一枚通すことにより自動的に用紙の重さと種類を判定。用紙の特徴を読み取り、AIにより用紙の厚みと種類を自動で判定することにより、用紙設定の候補を表示する。また、標準搭載された約300種類の用紙プロファイルから候補を提案し、最適な設定を選択する機能も備えており、簡単に高品質質な印刷物を作成できる。

紙面検査システムは、汚れやスジ、バリアブルデータ印刷での不整合などの不適合品を、インラインで自動検出して排出するだけでなく、不適合品が発生した場合のリカバリー印刷まで実行。また、新規カラーマネジメントシステム「AccurioPro ColorManager」との連携により色調整・管理も簡易な操作で行うことができる。