印刷業界ニュース ニュープリネット

凸版印刷 店頭在庫をリアルタイムで確認できるスマートシェルフ開発

2019.9.9

(左)「スマートシェルフ」全体イメージ (右)読取イメージ (C) Toppan Printing Co., Ltd.

(左)「スマートシェルフ」全体イメージ (右)読取イメージ (C) Toppan Printing Co., Ltd.

凸版印刷は、 流通・小売店舗向けに、 商品を管理する低価格ICタグ「SMARTICS(R)-U(スマーティックス・ユー)」を2017年9月より提供している。 この「SMARTICS(R)-U」を活用して、 リアルタイムに店頭在庫の確認が可能な陳列棚「スマートシェルフ」を開発・提供しているが、このたび凸版印刷と岡山県井原市のタカヤが共同で、 吊り下げ型の商品陳列什器に対応した「スマートシェルフ」を開発した。

 

同サービスは、 外装パッケージにICタグが貼付・内蔵された商品を「スマートシェルフ」から取り出すと、 それを自動で検知し陳列された在庫が減少したことをリアルタイムで認識することが可能な陳列棚。 従来の「スマートシェルフ」では、 シート型のアンテナの上に商品を置くことで、 商品の有無の検知を行っていたが、 今回開発した吊り下げ型の商品陳列什器に対応した「スマートシェルフ」では、 吊り下げフックの部分にアンテナを装着しているため、 任意の箇所で陳列が可能になる。