印刷業界ニュース ニュープリネット

全日シール協組 第30回世界ラベルコンテストで最優秀賞4作品、審査員特別賞に4作品選ばれる

2019.2.15

全日本シール印刷協同組合連合会は、「第30回世界ラベルコンテスト」で7社8作品が入賞したことを発表した。その結果、日本からは最優秀賞に4作品、審査員特別賞に4作品の計8作品が入賞した。

 

同コンテスト審査会は、2018年9月25日、北米・イリノイ州ローズモントで開催された。審査には世界から、日本の団体であるJFLPをはじめ、FINA(欧州)、TLMI(北米)LATMA(豪州)、SALMA(ニュージーランド)、PEIAC(中国)のシールラベル印刷6団体が参加した。審査は、JFLPから派遣されたリンテックの吉武正昭氏を含む6名の審査員によって行われ、「サンプル配布と説明」「各審査員からのコメントや指摘」を経て、「審査員全員の合意」により結果が決まった。

なお、印刷方式毎に発表の「ベストオブザベスト」賞については、今年9月下旬に発表される予定。

 

第30回世界ラベルコンテスト 受賞結果

<最優秀賞>

レタープレス(色分解)・・・北海シーリング㈱(北海道協組)

レタープレス(ワイン・酒)・・・㈱シモクニ(北海道協組)

オフセット(色分解)・・・㈱丸紀印刷(大阪協組)

複合(色分解)・・・㈱タカラ(正札協組)

<審査員特別賞>

フレキソ(線画・網点)・・・㈱友功社(正札協組)

複合(ワイン・酒)・・・㈱京都シールレーベル(京都協組)

デジタル(ワイン・酒)・・㈱タカラ(正札協組)

スクリーン・・・シーベル産業㈱(正札協組)