印刷業界ニュース ニュープリネット

ウチダテクノ 1台で箔、ラミ、スポットグロスを可能にした『DC-XⅢ』

2021.9.7

フォイル&ラミネーター『DC-XⅢ』

フォイル&ラミネーター『DC-XⅢ』

ウチダテクノは一台で箔、ラミネート、スポットグロス加工を可能にしたフォイル&ラミネーター『DC-XⅢ』の販売を開始する。印刷物に光沢加工を施すことで、高級感を表現することができる。

 

ラミネートフィルムカットはカッターナイフのフライングナイフ方式で、カット時のダメージなくカット。ラミネート加工時でプラテンローラーの貼りつきもない。

 

給紙部にはエアサクション方式を採用し、安定した用紙供給が可能。加工前には除塵ローラーで表面のゴミを取り除き、高い品質での加工を可能にした。

 

用紙サイズは最小210㎜(幅)×297㎜(長さ)、最大320㎜(幅)×600㎜(長さ)。