印刷業界ニュース ニュープリネット

グローバルインフォメーション パッケージ印刷の市場規模が2025年に4334億米ドルに到達か

2021.3.12

グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「パッケージ印刷の世界市場 (~2025年):印刷インク(水性・UV系)・印刷技術 (フレキソ・グラビア・デジタル)・パッケージタイプ(ラベル&タグ・フレキシブル)・用途(食品&飲料・化粧品・医薬品)・地域別」 (MarketsandMarkets)の販売を開始した。

 

同調査によると、パッケージ印刷の市場規模は、2020年の3,521億米ドルからCAGR4.2%で成長し、2025年には4,334億米ドルに達すると予測されている。この背景として、食品・飲料や医薬品などの最終用途産業でのアステティック印刷ソリューションの需要が増加しているためで、将来的に大きな成長を遂げることが予想されている。

また、急速な工業化と製造業の世界的成長は、高い消費者所得と相まって、新興国を中心とした産業活動の加速が市場の成長を押し上げる可能性があると指摘している。

グローバル_パッケージ印刷市場

 

COVID-19のロックダウンにより、2020年から2021年の包装印刷市場の成長率は緩やかに減速すると予想されている。しかし、パンデミック期間中の、食品・飲料および製薬用途によるパッケージ印刷ソリューションの需要は増加すると考えられている。

人々は、ロックダウンの恐怖からパニック買いや大量買いに依存。多くの人がオンラインチャネルを介して日々の食事や生鮮食品を注文しており、製品の信頼性を決定するパッケージ印刷ソリューションの需要増加につながっている。

パンデミックの影響を受けた多くの国および政府の動きとして、例えばインドでは供給側の品不足を回避し、供給を継続するために、食品業界に生産を拡大するように求めている。

一方、製薬業界における包装印刷の需要は、病院、医薬品、PPEメーカーのCOVID-19パンデミックへの対応の中で堅調に推移すると予想。生活必需品、ヘルスケア、医療品の需要が劇的に減少することはなく、オンライン配信による流通の増加が予想されている。加えて、医薬品や消費財の偽造防止を目的としたパッケージング印刷ソリューションの需要が高まっている。

 

同レポート詳細目次

https://www.gii.co.jp/report/mama983584-packaging-printing-market-by-printing-ink-aqueous.html