印刷業界ニュース ニュープリネット

【page2020】両毛システムズ マルチブラウザ対応のMIS『PrinTact』

2020.2.3

ryomo両毛システムズはWeb型印刷業務総合管理システム『PrinTact(プリンタクト)』を出展する。会場ではWeb印刷受注システムやEXCELなどの外部システムからPrinTactへのデータ取り込みによる入力業務の自動化、効率化を紹介。販売・生産業務を統合管理するシステムだからできるコスト分析や販売分析などの機能も併せて体験するとこができる。

“PrinTact (プリンタクト)” は、印刷会社様向け見積、受注から生産、購買、物流、経理、経営管理までのトータル業務管理システム。チラシ、カタログなどの商業印刷の他、書籍印刷、複写伝票印刷、ラベル印刷の分野でも採用されている。指示書制作から機械の予定組、進捗管理、限界利益の案件別管理などの機能を備えている。

多様化するIT環境に柔軟に対応するため、運用のベースにはWebシステムを採用。Windowsパソコンだけでなく、Mac、Android端末での動作するマルチブラウザ環境が用意されている。プログラムのインストールは不要で、アクセスするだけで運用を監視できる。

各種経営情報は、一元管理されたデータベースにより分析される。案件別の金額は、見積受注工程購買生産売上製品、顧客設備に関連付けされる。また、予定原価を自社の生産能力に近づけて、見積・受注段階で精度の高い採算管理を実現する。蓄積されたデータから情報抽出する仕組みも備えているほか、データはExcelデータへの出力が可能。経営資料や会議を作成する際に簡単加工できため、作業が大幅に短縮する。

同社ではサーバ機器の利用型プラン(ホスティングサービス)も提供している。「システム導入」から「稼働後の運用まで」、ユーザーが安心して利用できる環境を整備している。専門スタッフが24 時間・365 日体制でシステムを監視。故障発生時に別の仮想マシンを起動し、停止リスクしている。サーバ維持の管理コスト(電源・空調セキュリティなど 電源・空調セキュリティなど)を削減する。また、利用開始後に業務や機能の拡張に合わせてCPU 、メモリ、ディスクを容易に増減することができる。