印刷業界ニュース ニュープリネット

大日本印刷とDNPコミュニケーションデザイン LINE公式アカウントを活用したマーケティング支援サービス開始

2019.3.23

大日本印刷と、DNPコミュニケーションデザインは、LINE公式アカウントのMessaging APIを活用した自動会話プログラム(チャットボット)を用いて、生活者のニーズに合わせて企業の情報を発信する「DNP Chatbot(チャットボット)プラットフォーム」において、新たなサービスを開始した。

 

新サービスは、LINEにおけるユーザーの行動を可視化し、経営の意思決定に役立てるビジネスインテリジェンス(BI)解析機能を加えたもの。これにより、企業内に蓄積される多様なデータを統合・分析し、ビジネス上の意思決定に活用するBI機能を提供することで、ユーザーの行動や顕在・潜在的ニーズをいち早くとらえ、素早いマーケティング施策を支援する。

ロクシタンジャポンでの採用例から

ロクシタンジャポンでの採用例から

具体的には、企業の会員管理システムとDNP ChatbotプラットフォームをAPI(Application Programming Interface)で繋げることができ、企業が保有する会員データや実店舗・ECの売上データ等と、LINE上の膨大なユーザーログデータ、さらには天気等のデータを取り込み、オンライン・オフラインを踏まえたユーザーの行動を複合的に分析できる。また、LINEユーザーの識別子と企業が保有する店舗やECの会員IDを関連づけることで会員に対するLINE上での施策の効果を可視化できる。特に新規顧客獲得、上位顧客育成、プロモーションの拡大といった3つの領域で効果を確認できる。さらに、施策の効果を測るための分析指標を視覚的に分かりやすく提供するため、企業の担当者が直感的に状態の把握や施策効果の判断ができるようになる。

なお同追加機能は、DNP Chatbotプラットフォームを導入している外資系自然派化粧品ブランド、ロクシタンジャポンで先行利用されており、その結果や意見等を踏まえて改良を加え、サービス化したもの。