印刷業界ニュース ニュープリネット

SCREEN GA ”OPEN THE NEXT ~パッケージ印刷も、SCREEN ~”テーマにTOKYO PACK出展

2021.2.16

SCREEN GAグループは2021年2月24日(水)から26日(金)までの3日間、東京ビッグサイトで開催されるアジア最大級の包装(パッケージ)総合展「TOKYO PACK 2021 東京国際包装展」に「OPEN THE NEXT ~パッケージ印刷も、SCREEN ~」をテーマに出展する。

ブースでは本紙校正・モックアップ作成に最適な本紙校正用インクジェットプリンター「Proof Jet F780 MARKII」を実機展示。その他、軟包装向け水性インクジェット印刷機「Truepress PAC 830F」のサンプル、「EQUIOS」を中心とした独自のワークフローソリューション「PACK NEO」の様々なビジネス事例などを紹介する。

 

【校正・モックアップ作成】

本紙校正用インクジェットプリンター「Proof Jet F780 MARKⅡ」

Proof Jet F780 MARKⅡ

Proof Jet F780 MARKⅡ

本紙校正・モックアップ作成の次世代スタンダードモデルを実機展示。最大B1サイズ、本紙・特殊紙・アルミ蒸着紙に対応し、校正コスト・時間の削減を実現する。会場では、デモンストレーションをはじめ、印刷本紙に出力したサンプルを多数用意する。

本紙校正用インクジェットプリンター

「Proof Jet F1100AQ」

「Proof Jetシリーズ」のハイスピード自動化モデル。最大L全判までの用紙に対応。自動給排紙装置を標準装備し、本紙校正の自動化・省力化を実現する。サンプルで紹介する。(紙器パッケージプルーフモデル 近日リリース予定)

 

【プリプレス】

Webポータルシステム「EQUIOS Online」

インターネットを介してクライアント・制作・製版工程をシームレスにつなぐコミュニケーションツール。対面でのやりとり、煩雑な工程が多い入稿・校正・検版業務を効率化し、営業活動や制作・製版業務のパフォーマンス向上、非対面業務の取り組みを推進する。

パッケージ分野向けワークフローシステム「PACK NEO」

SCREEN GP ジャパンが推進するパッケージ分野向けのワークフロー。業界特有の高度な処理と煩雑な作業を分析し、最適なソリューションを組み合わせて作業の自動化・省力化を実現。作業効率を大幅に向上させる。

フレキソ版・樹脂凸版向けCTP「PlateRite FX Nシリーズ」

インラインUV LEDによるメイン露光機能(オプション)を搭載。オペレーターを介することなくメイン露光が行えるため、省力化を実現。さらに、フレキソ版や樹脂凸版、サーマルオフセット版など、多様な感材に対応する。 また、さらなる高品質を実現するため、フレキソ印刷の課題となっていたインク転移性を改善し、インク濃度を高める独自パターンの「Super Fine Cell」にも対応可能。

 

【パッケージ向けシステム】

パッケージにおける新たな印刷ビジネスモデルを創造する豊富な事例を紹介。

軟包装向け水性インクジェット印刷機「Truepress PAC 830F」

PacJet FL830

PacJet FL830

消費者のライフスタイルの変化から1種類のパッケージを大ロットで生産しても販売数が見込めず、在庫管理の手間や廃棄ロスが発生するリスクが増えている。ロスとなった物品を処理するためにVOCも多く排出され、環境への負荷を大きくしている。「Truepress PAC 830F」は多品種のパッケージを必要最低限の量で提供することで、在庫レスと廃棄物発生の低減が可能。環境に優しい生産を実現する。また、デジタル印刷機でありながら、75m/分(4,500m/時)の高い生産性を実現し、4,000m以下のJobに機動力を発揮する。会場では多数の印刷サンプルを展示する。

軟包装向け印刷機・後加工機「COMEXI社製品群」

軟包装業界では環境問題への対応に向け、モノマテリアルや紙との複合材、無溶剤対応、付加価値商品開発、自動化などへの関心が高まっている。COMEXI社はこれらを実現するEBオフセット印刷、EBコーティング、ノンソルベントラミネーター、スリッター、レーザー加工ユニットなどを多彩にラインアップ。環境問題に対応したサンプルも展示する。

紙製軟包装向け連帳水性インクジェットデジタル印刷機(参考出展)

近年、海洋プラスチックごみなどが問題となっており、紙製軟包装へのニーズが高まっている。多品種・少量印刷が可能で、在庫レスを実現できる連帳水性インクジェットデジタル印刷機で印刷した紙製軟包装のサンプルを展示。

紙器・段ボール向けB1枚葉水性インクジェット印刷機(参考出展)

従来のアナログ印刷プリプレス過程で発生する中間材・廃液を大幅削減し、必要なときに必要な量を印刷できるため、持続可能な社会の実現に貢献する。また、食品安全基準に対応した水性インクを採用している。会場では印刷サンプルと合わせて紹介。

 

【シール・ラベル向けシステム】

シール・ラベルにおける新たな印刷ビジネスモデルを創造する豊富な事例を紹介。

シール・ラベル向けUVインクジェット印刷機「Truepress Jet L350UV SAIシリーズ」

近年需要がますます高まるバリアブルラベルなどの小~中ロットジョブに超短納期で対応する、デジタルラベル印刷機の最新モデル。会場では印字サンプルに加え、ラベル内製化を実現したユーザー事例を紹介する。

コンビネーション印刷機「Nilpeter New FA-Line」

3機種(印刷幅:14インチ、17インチ、22インチ)をラインアップした「Nilpeter New FA-Line」に、軟包装パッケージ市場向け26インチ仕様の「New FA-26」を新たに追加。クリーンハンドテクノロジーに基づいたデザイン、アプリケーションパッケージとオートメーションパッケージにより、柔軟性とモジュール性を備え、生産性向上を可能にする。

シール・ラベル向け後加工機「CARTES Gemini・GTシリーズ」

モジュールを組み合わせることにより、ダイカッティングなどの様々な加工をワンパスで実施。ラベルの高付加価値化を実現し、自動化機能によりさらなる稼働率アップ、ロスの低減、納期短縮にも効果を発揮。