印刷業界ニュース ニュープリネット

ミヤコシ シール・ラベル市場向け間欠オフセット印刷機、コンパクト、ミドルレンジの2モデル

2021.1.22

MLP13M(左)と、MLP10i

MLP13M(左)と、MLP10i

ミヤコシは、シール・ラベル市場向け間欠オフセット印刷機「MLPシリーズ」の新製品として、「MLP13M」(ミドルレンジモデル)と、「MLP10i」(ウルトラコンパクトモデル)の2モデルを開発し、2021年1月に販売を開始した。

エンドユーザーから要求される品質レベルが年々高まる昨今、高い見当精度、正確な色合わせが可能で、なおかつ高生産性を持つ印刷機が求められている。同社の従来機MLP13Cはシール・ラベル市場を中心にユーザーから高い評価を得てきた。一方で、設置スペースの問題等もあり、MLP13Cの導入を断念せざるを得ないケースもある。MLP13Cの高い印刷品質は維持しながら省スペースでの設置可能なウルトラコンパクト機MLP10iを開発した。また、ウルトラコンパクト機MLP10iとハイエンド機MLP13Cの中間にあるニーズにも応えるため、ミドルレンジ機としてMLP13Cの性能を受け継ぎつつ、全長と価格を抑えたMLP13Mの開発に至った。