印刷業界ニュース ニュープリネット

プリントバッグ 豪華絢爛のデザイン『スーパークリスタルカレンダー』  

2020.7.2

スーパークリスタルカレンダー

スーパークリスタルカレンダー

株式会社プリントバッグ(東京都台東区)はオリジナルのファイル、バインダーの主業務に加え、カレンダーをはじめとする販促製品にも力を入れている。

同社が特に得意としている「スーパークリスタルカレンダー」は、有名画家の作品に同社オリジナルの「スーパークリスタル加工」を施した商品。名入れ印刷、販促品や贈答品として活用されている。

2021年版は、㈱小笠原デザイン室の作品を採用。ADが小笠原有子氏、熊谷昌子氏、プロデューサーはユニオン松戸オフィスの綛谷国夫氏が担当した。小笠原デザイン室は、広告・カタログ・パッケージなどのグラフィックデザインおよびイラストレーション制作している。

印刷や箔押しだけでは表現できない新しいデザイン表現がスーパークリスタル加工の特徴。印刷はUVオフセット印刷で、箔押し後に印刷するため、箔押しの技術が甘いと箔が印刷の際にブランケットに取られてしまう。印刷スピードは1時間に2,000枚以下で行い、キラキラ光るスーパークリスタル加工を実現している。

年々、プレミアムノベルティの評価を高めているスーパークリスタルカレンダー。「会社をイメージアップさせたい!」「インパクトのあるカレンダーで社名をアピールしたい」「飾ってもらえるカレンダーを送りたい」といったニーズに応え、企業等の口コミから評判を高めている。

他にも同社は、卓上タイプや壁掛けタイプ、ケース入りなど、様々なカレンダーを用意している。自社工場でオーダーメイドのカレンダーを製作。刷り本支給の製本のみの依頼にも対応する。同社は環境に優しく分別廃棄する必要のない「ペーパーリング製本」「タンザック製本」、高級感のある「ツインリング製本」などの加工も得意としている。ツインリング製本は、2本の針金が平行に並び、印刷物を切り取ることなく後ろに360度回転することが可能で、カレンダーの絵柄をそのまま保存可能。