印刷業界ニュース ニュープリネット

日印産連 誰でも閲覧できる2つの市場動向レポート発行へ

2020.6.16

一般社団法人 日本印刷産業連合会(日印産連)は、1992年から講読会員制で頒布していた「印刷産業関連データ」に代わり、印刷市場の動向や経済全般の動向、印刷業界の得意先市場動向、印刷業に関わる資材・機材業界の動向をまとめた新たな市場動向レポートを発行した。新たに発行するレポートは、「印刷産業Monthly Report」と「印刷産業Quarterly Report」で、日印産連のWebサイトから、誰でも閲覧できる。

 

⽇印産連では、印刷業に関わる資材、機材の市場動向を取りまとめたものを、1992年6⽉から「印刷産業関連データ」として発⾏してきた。その後、同冊⼦は業界⾃体の⽣産出荷動向、業界の得意先市場動向等も取り⼊れ、2か⽉に1度の発行で、購読会員制で希望読者に頒布してきた。

しかし、ビジネスの展開スピードが激変し、将来展望の⾒通しを⽴てにくくなってきている昨今の事業環境の中において、2か⽉前のデータに求められる役割は相対的に変化してきている。それに伴い購読者数が減少してきたこと等もあり、この間、「印刷産業関連データ」の発⾏の⾒直しを図ってきた。
その結果、「印刷産業関連データ」の発⾏を、印刷業界の業界代表団体が果たすべき基本的な機能と捉え、多様なステークホルダーに対し業界の業況を正確に伝えるという説明責任を果たすためのツールとして、定期的に公表するためのもの、と再定義して発信することとなった。
具体的には、これまでの「印刷産業関連デー
タ」の発⾏をとりやめ、新たに次の2つの「動向Report」を発⾏し、⽇印産連10 団体の会員印刷会社に留まらず、誰でも無償で閲覧できるように⽇印産連Web サイトにPDF 形式で掲載する。

 

「印刷産業Monthly Report」
・経済動向、印刷業の得意先市場動向、印刷業界動向、印刷資機材業界動向の掲載は踏襲
・毎⽉、⽉次実績を前年同⽉と⽐較対照できるよう13 ヶ⽉分の表を掲載
・主だった項⽬にはグラフも併載
・主だった項⽬の⽉次の動向を容易に俯瞰できるサマリーページを設置
・毎⽉末⽇発⾏

「印刷産業Quarterly Report」
・「Monthly Report」と同様に、経済動向、得意先市場動向、印刷業界動向、資機材業界動向を掲載
・過去4年間の年間実績を併載し、そのうち直近2年分は、四半期毎の実績を掲載
・主だった項⽬には、コメントやグラフも併載
・毎年度5 ⽉、8 ⽉、11 ⽉、2 ⽉に発⾏(GDP 等の公表時期により発⾏時期がずれ込む場合あり)

 

日本印刷産業連合会 Webサイト「印刷市場の動向」
https://www.jfpi.or.jp/topics_detail6/id=77