印刷業界ニュース ニュープリネット

【page2020】光文堂 超戦~Pro―Vison~ 販促物管理、校正アプリでビジネス支援

2020.2.3

光文堂は「超戦~Pro―Vision~」をテーマに、page2020で販促物の管理ソフト、校正アプリケーションなど生産性向上のためのシステムや後加工・特殊加工機を提案する。

ブースでは、新製品の受発注管理システム「KBD SuriOkky」や、PDF校正ソフトウェア「KBD BitMatch Premium」をはじめ、コールド箔対応のデジタ

KBD きらり

KBD きらり

ルUVスポットニスコーター「KBD きらり」、ランダムな可変セキュリティデータを素早く作成する「KBD Security VariPrint」などを紹介する。

「KBD SuriOkky」は、パソコンやスマートフォンを使って、クライアントが自社の販促物の受発注やデリバリー指示を24時間可能にするシステム。ネットショッピングのように必要な販促ツールを選んで簡単発注でき、指定の送り先に必要なだけ販促ツールを発送指示できる。販促物の在庫確認もリアルタイムに確認可能で、出荷履歴で管理業務も簡素化する。

制作側は、オンデマンド印刷での対応のみならず、定期的に受注が見込めるものは刷り置き対応することにより、「レスポンス向上のギャランティー」「トータルコストの削減」「現場での渋滞を引き起こす、多ジョブ化の防止」などが実現し、クライアントの囲い込みが可能になる。

「KBD BitMatch Pro」は、目視確認で見落としがちな細かな差異を確実に見つけ出し、校正ミス防止に貢献する。

「KBD きらり」は、小ロットとロングランどちらにも適したインクジェット方式のデジタルコーティングシステム。標準装備のコロナ処理で様々な印刷物に対応できる。箔押しは、UVスポットニスとの融合で高品質かつ立体的な付加価値を印刷物に付与する。スポットニス用データは一般的なデザイン用データのBMP、TIFF、PDFなどに対応。品質は用紙位置をマークで読み取り、正確にニスの見当を合わせる。指定した補正値以上のマークズレなどがあった場合、ニスは塗布されない仕組みとなっている。

「KBD Security VariPrint」は、素早く簡単に大量のランダム可変セキュリティデータを作成できる。デジタル印刷機のショートラン対応と可変印刷のメリットを活かすための付加価値として、ランダムなテキスト、バーコードなどのデータを高速、大量に作成し、様々な表現を可能にする。