印刷業界ニュース ニュープリネット

SCREEN HD 「サイバー攻撃対策訓練」を京都府警察と共同で実施

2019.9.19

SCREENホールディングスは、8月28日、京都府警察サイバー攻撃特別捜査隊、上京警察署と共同で、「サイバー攻撃対策訓練」を実施した。本社の所轄である上京警察署と企業との共同開催は同社が初となる。

 

ITがビジネスや暮らしに深く浸透するなか、サイバー攻撃の手口は巧妙化している。被害件数は年々増加し、警察で把握した2018年の標的型メール攻撃の件数は、前年より713件増加の6,740件に上るとされている。

特に2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を控え、世界中から注目が集まることでサイバー攻撃の標的になりやすく、サイバー攻撃によるリスクが高まってきている。これらのリスクから情報資産を守るには、従業員への情報セキュリティー教育を通して、ITリテラシーを向上させることが重要となる。

今回は、同社グループのIT担当者を対象に、特定の組織を狙う標的型メール攻撃を想定した訓練を実施。ウイルスに感染したPCから、個人データが抜き取られるデモンストレーションのほか、日常の業務メールに潜む標的型攻撃メールのサンプルを元に標的型メールをどう見分けるかなど、実践的な訓練やグループ討議を通してITリテラシーの向上に役立てることにつながった。

 

なお同社グループでは、情報漏えいや改ざんなどの脅威から情報資産を守るため、さまざまな情報セキュリティー対策を講じている。今後も、警察との情報交換などの連携を図りながら情報セキュリティー対策の強化に努めるとしている。