印刷業界ニュース ニュープリネット

リコー 海老名にFutureHouse開設

2015.9.1

sRICOH Future House 外観 150821②

RICOH Future House 外観

sP8216773

オープニングのテープカット

株式会社リコーは、8月21日、神奈川県の海老名駅西口に商業施設「RICOH Future House」をオープンした。「人が集い、学び、成長する。そして未来を創造していく場」をコンセプトに、幅広い年代がそれぞれの未来を見据えて利用できる施設となる。
オープングレセプションには、リコーの近藤史朗会長のほか、海老名市の内野優市長、神奈川県さがみロボット産業特区推進センターの内田享子センター長らが出席。また、さがみ産業特区から「未来のハカセ」に認定された子供たちがテープカットに参加した。
新設の同ハウスは、「家」をコンセプトとした4階建ての建物。海老名駅西口の再開発に伴い建設したもので、同社がまちづくりの新規ビジネスを模索する場として、また、地域と共創・協創・協働する場として運営する。1階はカフェレストランとクリエイティブショップを併設。2回にイベント&レンタルスペース、3階に将来の科学者、技術者を育てる小中学生向けの体験学習施設「コサイエ」を設置する。最上階の4階では、まちや周辺企業とのコラボレーションするためのラウンジや、新規ビジネス創出を支援するサービスオフィス、ワークスペースを提供する。

【RICOH Future House概要】
1階 カフェ「PUBLIE(パブリエ)」、プリントショップ「RICOH Ebina Creative Shop」
2階 知的好奇心に応えるイベント・レンタルホール「RICOH Future Hall」
3階 小中学生向け科学技術体験学習スペース「コサイエ」
4階 まちとともに未来を創るレンタルオフィス・コワーキングスペース「RICOH Office & Lounge Ebina」

1階 パブリエ

1階 パブリエ

3階 コサイエ

3階 コサイエ

1階 RICOH Ebina Creative Shop

1階 RICOH Ebina Creative Shop