印刷業界ニュース ニュープリネット

共同印刷 越谷工場の新棟建設に着手、物流拠点の機能を整備

2017.6.5

建て替え後の越谷工場イメージ(Ⅰ期工事・Ⅱ期工事完了後)

建て替え後の越谷工場イメージ(Ⅰ期工事・Ⅱ期工事完了後)

共同印刷は、情報コミュニケーション部門の製造を担う越谷工場(埼玉県越谷市)の旧棟の解体工事が5月に完了し、新棟の建設工事に着手した。都心への好アクセスを生かし、印刷に加え、グループの物流拠点としての機能を整備する。

越谷工場は1968年に金属印刷の工場として竣工した。近年は共同印刷グループの共同オフセットが運営を担い、出版および一般商業印刷を行ってきた。新棟は、印刷工場棟と、倉庫や荷捌きスペースを兼ね備えた物流棟で構成。、建て替え工事中も並行して印刷作業を行うため、工期は2期に分ける。Ⅱ期工事はⅠ期工事完了後の2018年度に着手。工事全体の完了は2019年度を予定している。