印刷業界ニュース ニュープリネット

京セラ virtual.drupaにインクジェットプロダクションプリンター「TASKalfa Pro 15000c」出展【動画あり】

2021.4.19

京セラのグループ会社である京セラドキュメントソリューションズは、4月20日~23日まで開催する、商業印刷の世界的なオンライン展示会「バーチャルdrupa(virtual.drupa)」にインクジェットプロダクションプリンター「TASKalfa Pro 15000c」を出展する。

 

「TASKalfa Pro 15000c」は、A4カット紙で毎分150枚の高い生産性と商業用印刷に求められる高い画像品質を誇るシステム。京セラの最新の技術革新により、商業印刷の生産性と出力品質を向上する。

virtual.drupaの期間中には、トランザクション印刷とダイレクトメール印刷をテーマにした、Webセッションを開催する(予定)ほか、ヨーロッパ各国のエキスパートが状況を伺いながら提供できるソリューションについて相談を受ける1対1セッションも受け付ける。

また京セラドキュメントソリューションのWebサイトでは、virtual.drupa出展に向けた動画もアップしている。

 

 

<Webセッションの概要>

◎ 4月20日(火)12:40-13:10(中央ヨーロッパ時間)/ 19:40-20:10(日本時間)

『Cut Sheet Inkjet – The perfect match for transactional printing』

トランザクション印刷において、大量印刷に高い生産性で対応できる提案を紹介。

 

◎ 4月22日(木)12:40-13:10(中央ヨーロッパ時間)/ 19:40-20:10(日本時間)

『Kyocera’s Inkjet Technology – Boosting productivity in direct mail』

ダイレクトメール印刷における、長期的なマシン運用を見据えた継続的なROIや堅牢性の観点も踏まえ、京セラのインクジェットテクノロジーについて紹介。