印刷業界ニュース ニュープリネット

RMGT 2020 新春ショー、 “Assist Your Potential”テーマに自動化・省力化のロボット実演

2020.2.20

自動化システムを披露した新春ショー

自動化システムを披露した新春ショー

リョービMHIグラフィックテクノロジーの『RMGT 2020新春ショー』が2月19日、東京都北区の東京ショールームで開幕した。20日まで開催されている。今回は“Assist Your Potential”をテーマに、印刷オペレータの負担をなくした自動運転に加えて、印刷から製本までの工程をAGV(自動搬送ロボット)がつなぐ、近未来の印刷工場の姿を提案している。

会場では印刷品質管理システム『PQS-D』が本刷り中の品質検査、濃度調整や見当調整を行い、オペレータの負担軽減を披露。またAGVが次工程に排紙台に乗った刷り本を自動搬送し、断裁、製本までの工程を実演している。

このほか特別セミナーとしてリョービMHI営業統括部渡辺辰洋課長が「印刷の自動化と見える化による生産効率の向上」、日本印刷技術協会 研究調査部長藤井建人氏が「印刷ビジネス

自動搬送ロボットで製本工程へ

自動搬送ロボットで製本工程へ

の最新動向と展望~drupa2020に向けて~」、20日はキヤノンイーグルス ゼネラルマネージャー 永友洋司氏が「ラグビーから学んだリーダーシップ」をテーマに講演を行う。