印刷業界ニュース ニュープリネット

特許庁 ひとりでがんばる知財担当者のお助けサイトを開設

2020.1.17

特許庁は、ひとりでがんばる知財担当者や初めて出願手続をした人などを対象に特許庁ホームページ内に「お助けサイト」を開設した。特許庁から送付される「拒絶理由通知書」や「登録査定」に対して、次に何をすれば良いかを、わかりやすく案内している。

 

特許庁では、2018年8月から、デザイン思考を用いた行政サービスの改善に取り組んでいる。デザイン経営のプロジェクトのUIチームは、「中小企業などにみられる孤独な知財担当者を助ける」という課題を設定し、そうした知財担当者の多くが悩んでいるであろう「拒絶理由通知書」への対応をサポートする方法を検討してきた。

そして今回、ひとりでがんばる知財担当者や、初めて出願手続をした人などを対象としたサイトを特許庁ホームページ内に開設した。

特許庁へ特許・意匠・商標を出願した後に「拒絶理由通知書」や「登録査定」などの通知が送付される。「お助けサイト」では、これらの通知の解説や、通知を受け取った後の対応を、簡潔な文章で、様式見本も参考にしながら説明し、次に何をすれば良いのかをわかりやすく案内している。また、スマートフォンでも使いやすい仕様にしてあるため、気軽に使うことができることも同サイトの特徴となる。

今後は今年4月から「拒絶理由通知書」や「登録査定」に添付される「注意書」にQRコードを付して同サイトへのアクセスを容易にする予定。
 

「お助けサイト~通知を受け取った方へ~」https://www.jpo.go.jp/system/basic/otasuke-n/index.html