印刷業界ニュース ニュープリネット

イーストマン・コダック 2016年度純利益1,600万ドルを計上

2017.3.29

イーストマン・コダック社は2016年度第4四半期および通期の決算を発表した。2016年12月期は売上15億ドルに対する純利益1,600万ドルを計上し、前年度から9,100万ドルの改善。KODAK SONORAプロセスフリープレートの販売量が9%増、KODAK FLEXCEL NXプレートの販売量が16%増だった。

2017年度については売上を14億ドル~15億ドル、営業活動EBITDA(減価償却前営業利益)を1億3,000万ドル~1億4,500万ドルと予測している。2017年度業績予測は継続事業部門に基づくもので、非継続事業部門に組み込まれたKODAK PROSPER事業を除外している。