印刷業界ニュース ニュープリネット

グーフ ワークフローを構築する「PC OneFlow」に新機能~JSPIRITS、ジクスと連携

2017.2.8

グーフ(東京都港区浜松町)は、2017年2月末に高効率のデジタルプリントプロダクションの構築を支援する『PC OneFlow』に新機能を追加する。新たに追加されるのは、工務担当者がプロダクションプリンターにジョブを割り当て生産計画策定する機能と、印刷検査の結果からリカバリー印刷や原因の追跡調査を可能にする機能。また、新機能追加に伴い、J SPIRITS のMIS(経営情報システム)『PrintSapiens』と、ジクスのデジタル印刷向け品質検査システム『Theory』と連携する。2月10日までサンシャインシティコンベンションセンターで開催されているpage2017に出展されている。

『PC OneFlow』は受注した印刷データのプリフライトチェック後、納期・出荷先・用紙(メディア)・製造方法などの仕様情報をもとにジョブを選別。本身と表紙、カバーなど印刷物を構成するパーツに分解し、用紙(メディア)や納期、色、加工方法などが同じジョブをグループ化する。グループ化したジョブは利用デバイスに最適に面付けされ、一括して印刷することができる。これによりプリントジョブ数を大幅に削減することができる。

追加機能

【生産スケジュール・カレンダーによるデバイスアサイン】

これまでの『PC OneFlow』では、生産スケジュールにグループ化した後のジョブを割り当てることができなかったが、新機能では工務担当者が生産スケジュールやカレンダーにジョブを割り当てることができ、生産予測を可視化。また、予測に対する実績から生産効率の改善の情報を得ることが可能になる。デジタル印刷機を保有している場合、特定の機種に負担がかかり過ぎないよう、機械の空き状況を見ながら予めジョブを割り振ることで、最大のアウトプットを求めることができる。(2017年3月リリース予定)

【リカバリージョブのロジカル運用・トラッキングによる事故リスク改善】

1 枚1 枚内容が異なるバリアブル印刷では、検品作業中に印刷紙面に不良があった場合、そのページの再出力が必要になる。『PC OneFlow』と連携する面付けモジュール『Impostrip』(UltimateTechnoGraphics 社/カナダ)では面付け時にページごとのID(バーコード/テキスト)を配置することが可能。『PC OneFlow』で紙面検査時にID 情報をフィードバックすることで、不具合が発生したページを特定するとともに、再出力すべきページの指示が容易になる。また、再出力する際には他のジョブとグループ化することで、無駄な出力業務を抑えることができる。

【MIS(経営情報システム)との連携】

『PC OneFlow』はJ SPIRITS のMIS『Printsapiens』と連携する。これにより『PrintSapiens』に入力された受注情報から、『PC OneFlow』でグループ化に必要となるパラメーターを自動で抽出することができる。これまでは『PC OneFlow®』の入口は、受注情報が自動で収集できるWeb to Print が前提だったが、MIS との連携により営業担当者が受注したジョブからも受注情報が取れるようになる。(2017年夏~秋リリース予定)

【検査装置との連携】

ジクス株式会社のデジタル印刷向け品質検査システム『Theory』と連携する。『Theory』では印刷紙面の絵柄や文字、可変部分などを検査し、『PC OneFlow』に品質不良や欠陥情報をフィードバックし、リカバリーの自動化を実現する。(2017年秋リリース予定)