印刷業界ニュース ニュープリネット

スクリーン印刷技術研究会&日本印刷学会 最新の加飾及びエレクトロニクス分野についてセミナー開催

2021.10.8

日本印刷学会 技術委員会とスクリーン印刷技術研究会は、2021年度  スクリーン印刷技術研究会セミナー「最新の加飾及びエレクトロニクス分野でのスクリーン印刷と製版技術」を、11月19日、オンラインで開催する。

 

クリーン印刷は、スクリーンメッシュの働きで広い面積で均一な厚みの印刷膜が得られることや、幅広い粘度範囲のインキ、ペーストが印刷できるなどの特長をもつ、優れた特性を持つ印刷方式。現在、加飾をはじめ工業印刷やエレクトロニクス分野などで、印刷されるインキや目的、要求仕様に合わせて、多くの種類のスクリーンメッシュが使用されている。
今回のセミナーでは、高品質なスクリーン印刷を支える製版技術の基本に加え、加飾分野やエレクトロニクス分野での最新のスクリーン印刷応用例や印刷技術について、4名の講師が講演する。

 

 

<2021年度  スクリーン印刷技術研究会セミナー概要>

日 時:11月19日(金)13:00〜17:00 (配信開始 12:30)

方 式:Webセミナー(日本印刷会館 会議室から配信)

定 員:100名

【セミナープログラム】

13時~ 最新の加飾印刷応用例のご紹介:中沼アートスクリーン 倉橋 正人氏

13時50分~「サドル」無しスクリーン印刷工法の新提案:エスピーソリューション 佐野 康氏

14時55分~ステンレスメッシュを使ったスクリーン製版加工技術の紹介:アサダメッシュ 時田 郁也氏

15時45分~スクリーン印刷による一体型バイオセンサー用セラミック回路基板の作製:テクノメディカ 村上 穂乃香氏

 

参加費:正会員 1人5,000円(1アカウントで複数人が視聴の場合、2人目から1人当たり2,000円)/非会員 1人7,000円(1アカウントで複数人が視聴の場合、2人目から1人当たり3,000円)

詳細・申し込み先:日本印刷学会ホームページのセミナーの案内から参照(http://www.jspst.org/