印刷業界ニュース ニュープリネット

ハイデルベルグ e-モビリティ分野の生産を拡大、充電ソリューションも24時間亜知性で生産

2021.8.10

01_Wallbox_Montage_Wiesloch

ハイデルベルグはウィスロッホ-ヴァルドルフでウォールボックスの3番目の生産ラインを立ち上げた

ハイデルベルグでは、民間部門における電気自動車の充電ソリューションへの強い需要は衰えることなく続いていることを背景に、ケーブルの接続・分岐などで使われるウォールボックスの生産能力のさらなる拡大に再び投資した。それにより、6月にはウィスロッホ-ヴァルドルフの3番目の生産ラインを稼働した。その結果、生産能力は2021年1月時点ですでに2倍になっている。

現在、e-モビリティの分野で高まる需要に対応する最先端の充電ソリューションが、24時間体制3シフト運用で生産されている。これを受けて、この分野の従業員数をさらに増やす計画もあるという。ハイデルベルグは過去2年間ですでに50,000台をはるかに超えるウォールボックスを生産している。

 

03_Wallbox_Montage_Wiesloch

ハイデルベルグは過去2年間で既に50,000台以上のウォールボックスを生

「増え続ける受注残を減らすために、今年もウォールボックスの生産能力を2倍にします。これにより、この活況を呈する市場での私たちの主導的地位が強化され、ドイツ国外でも収益性の高い成長が可能になります。」 と、ハイデルベルグの最高経営責任者(CEO)であるライナー・フンツドルファー氏は述べている。

現在の分析では、年間20%を超える市場の成長が予測されている。ハイデルベルグは、ドイツおよびヨーロッパ市場向けにさまざまな充電の長さとカスタマイズオプションを備えたハイデルベルグウォールボックスホームエコモデルとハイデルベルグウォールボックスエネルギーコントロールモデルを市場に提供している。

 

ハイデルベルグエネルギーコントロールは、ネットワーク内で最大16台の車両を同時に充電できる統合負荷管理を備えたソリューションでもある。将来的にポートフォリオは、たとえば駐車場や集合住宅全体の統合充電ソリューションなど、スマートホームソリューションの完全な範囲に拡大される予定である。この目的のためにハイデルベルグは、パワーエレクトロニクスとソフトウェアの分野での専門知識を活用。これらの分野でのパートナーシップも考えられるとしている。

同時に新しい販売チャネルと地域が確立されている。たとえば電子機器小売業者メディアマルクトと緊密な販売協力が結ばれた。ドイツに加え、ハイデルベルグはすでにオーストリア、スイス、フランス、ポーランド、ハンガリーなど国外でも充電ソリューションを提供しており、ビジネスのさらなる拡大とともにヨーロッパの他の国々へも販売を進めていく予定である。
ハイデルベルグウォールボックスシステムは、アマゾンオンラインプラットフォームを介して購入できるほか、電気小売業者や卸売業者、多くのエネルギー供給業者、認定された電気業者から購入できる。