印刷業界ニュース ニュープリネット

サカタインクス CRRAと大気中の二酸化炭素から石油代替燃料を合成する技術確立へ

2021.5.25

一般社団法人 炭素回収技術研究機構(CRRA) 代表理事・機構長 村木 風海 氏

一般社団法人 炭素回収技術研究機構
代表理事・機構長 村木 風海 氏

サカタインクスとCRRA(シーラ:一般社団法人炭素回収技術研究機構)は、大気中の二酸化炭素から石油代替燃料を合成する技術の確立を目指す。

CRRAは「地球を守り、火星を拓く」をスローガンに、地球温暖化を止める方法から人類の火星移住までを一貫して研究する機関。サカタインクスはCRRAと、インキ溶剤や軽油の代替燃料になる有機化合物を空気中の二酸化炭素から合成する技術開発に向け、5年間の共同研究開発契約に至った。大気中の二酸化炭素から石油代替燃料を合成する技術が確立することで、各種の燃料だけではなく、世界中のあらゆる石油製品を空気から生み出すことが可能になる。

その実験拠点として、サカタインクスは東京工場(千葉県野田市)にある研究開発拠点に、現役東大生でCRRA機構長を務める村木風海氏とともに、共同ラボ「CRRA新東京サイエンスファクトリー」を創設。スピルリナからエタノール、脂肪酸エチルエステル(軽油代替燃料)等の有機化合物を合成するための基礎研究や技術の開発に着手している。

今回の研究が成功した場合、印刷用インキ溶剤の生産過程で大気中の二酸化炭素を回収することになり、「地球に優しい」製品が実現する。