印刷業界ニュース ニュープリネット

モリサワ 2020年秋にリリースの新書体を発表、フェルトペンの手書き調など

2020.6.24

新書体ぺんぱる

新書体ぺんぱる

モリサワは2020年秋にリリースする新書体を発表した。

今年度は手書きや活版印刷のニュアンスを持ったあたたかみのある和文書体のほか、ラテンアルファベット、キリル文字、ギリシャ文字、およびベトナム語用文字をカバーするセリフ体の欧文書体を追加。人気和文書体にペアカーニングを搭載したAP版も加わる。日本語に限らず、多言語デザインの表現の幅も広げるラインナップとなっている。

追加した書体はフェルトペンのメモ書きのような親しみやすい印象のペン字体「ぺんぱる」、中国晋代の碑文と日本の近代活字を復刻した柔らかなゴシック体「くれたけ銘石(くれたけめいせき)」、漫画の吹き出しや辞書の見出しなどで使用されるアンチック体にインクのにじみ加工を施した「秀英にじみアンチック」、UD黎ミンシリーズとの併記を目的として開発されたセリフ体「Lutes UD PE(リューツ ユーディー ピーイー)」。また、今回の新書体追加に合わせて、「黎ミン」「新ゴ」「新丸ゴ」のAP版のほか、かな書体「秀英アンチック」と「秀英角ゴシック」の漢字を組み合わせた「秀英アンチック+」も追加された。

新書体は今秋以降、対象製品を通じて利用できる。