印刷業界ニュース ニュープリネット

日本写真印刷 成田国際空港に展示する「光る江戸図」を高精細ファブリック印刷で製作

2020.3.12

 

成田国際空港に展示される「光る江戸図」

成田国際空港に展示される「光る江戸図」

日本写真印刷コミュニケーションズは、3月12日から成田国際空港において展示される「光る江戸図」の製作に携わっている。展示期間は、6月末までを予定。

 

同展示は、訪日外国人や千葉県外観光客の県内誘客促進を目的に、成田空港活用協議会が国立歴史民俗博物館に業務委託した事業で、佐倉市、株式会社千葉銀行、NTT東日本千葉事業部が協力している。

sub1「光る江戸図」は、国立歴史民俗博物館が所蔵する「江戸図屏風」の絵柄を再現したもので、日本写真印刷コミュニケーションズの高精細なファブリック昇華転写「Fabright(ファブライト)」と、LEDバックライトを組み合わせて実現したもの。

近年増加する訪日外国人観光客および日本人旅行客に対して、日本の歴史と文化への親しみと興味を喚起し、周辺市町を中心とする近隣エリアへの訪問を促すことを目的としている。そのため、キャラクター召喚装置「Gatebox(ゲートボックス)」とコミュニケーションロボット「Sota(ソータ)」が多言語で作品解説を行い、日本の歴史と文化に対する理解促進を図る。

展示場所は、成田国際空港第2ターミナルの出国手続き後エリア(「NARITA SKY LOUNGE 和」内)。なお、第2ターミナル出国手続き後エリア内に設置されるため、第2ターミナルから国際線で出発する場合のみ見ることができる。