印刷業界ニュース ニュープリネット

ミマキ ドット位置補正、送り量補正を自動化したUV硬化インクジェットプリンター

2020.3.9

Roll to Roll UV硬化インクジェットプリンター UJV100-160

Roll to Roll UV硬化インクジェットプリンター
UJV100-160

ミマキエンジニアリングは2020年3月から、高画質かつ安定稼動するRoll to Roll UV硬化インクジェットプリンター「UJV100-160」を地域限定で販売を開始する。

新製品は新開発ヘッドを2基搭載し、高画質かつ高い生産性、安定稼動を追求したUV硬化インクジェットプリンター。地球を取り巻く環境問題や規制に配慮し、VOC(揮発性有機化学物質)フリーのUV硬化インクを採用した。プリント後にUV照射することで即硬化するため、水性インクや溶剤インクで必要な乾燥時間を必要としない。さらに、UV硬化インクは受理層がない紙やPETフィルム、布などの市販メディアへ幅広く対応できるため、材料コスト低減に貢献する。

インクは新開発UV硬化インク「LUS-210」を搭載し、C,M,Y,K,W,Clの6種類を用意。インクセットはCMYK、CMYK+W、CMYK+WClの3つのバリエーションから選択できる。隠蔽性が高いホワイトインクや、光沢感のあるクリアインクの特色インクを組み合わせることにより、透明/有色メディアへのプリント、意匠性の高いニス引きプリントまで幅広い用途に利用できる。また、安定して高画質プリントを可能とする機能のNCU(Nozzle Check Unit)、NRS(Nozzle Recovery System)、MAPS4(Mimaki Advanced Pass System)に加え、新機能DAS(Dot Adjustment System)を新搭載。DASは、従来手作業で行っていたドット位置補正、送り量補正を自動化し、オペレータへの負担を軽減する。