印刷業界ニュース ニュープリネット

マーチング委員会 「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」に加入

2019.3.5

一般社団法人マーチング委員会は、「持続可能な開発のための目標(SDGs)」への取り組みを強化するため、内閣府地方創生推進事務局が設置した「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」に加入した。

マーチング委員会では、プラットフォームへの参画を通じ、SDGs関連普及への取り組みをさらに強化していくとしている。

 

マーチング委員会は、「イラストでまち自慢」を合言葉に、全国のまちなみイラストを推進しており、地域に根差した情報サービスを行いながら、地域の相互(互恵)情報の受発信を支援し、地域の住民・商店・企業の地域活性化促進を支援するプラットフォーム作り「コト創り」を目指している。

なおSDGs(持続可能な開発目標)とは、2015年9月の国連サミットで採択されたもので、国連加盟193ヵ国が2016年から2030年の15年間で達成するために掲げた目標。その内容は、17の大きな目標と、それらを達成するための具体的な169のターゲットで構成されている。

また国内におけるSDGs活動の旗振り役である地方創生SDGs官民連携プラットフォームは、地方自治体におけるSDGsの達成に向けた取り組みと、それに資する「環境未来都市」構想のさらなる推進を通じた、より一層の地方創生に向け、地方自治体及び地方経済に新たな付加価値を生み出す企業、専門性をもったNGO/NPO、大学・研究機関等の広範なステークホルダーとのパートナーシップの深化、官民連携の推進を図るために発足したもの。