印刷業界ニュース ニュープリネット

ハイデルベルグ・ジャパン アジア初の4Dプリンティングシステム「オムニファイア250」を帆風に納入

2019.2.21

3次元オブジェクトに対応したハイデルベルグの4Dプリンティングシステムオムニファイア250。サッカーボールやペットボトルなど大量生産される消費財にパーソナライズ印刷が可能になる。

3次元オブジェクトに対応したハイデルベルグの4Dプリンティングシステムオムニファイア250。サッカーボールやペットボトルなど大量生産される消費財にパーソナライズ印刷が可能になる。

ハイデルベルグ・ジャパンは、帆風に、アジアパシフィック初となるハイデルベルグ4Dプリンティングシステム「オムニファイア250」を納入した。

「オムニファイア250」は、ハイデルベルグがdrupa2016で発表したデジタル印刷機の製品ポートフォリオ、ファイア(Fire)ブランドのひとつで、日本そしてアジアパシフィックで初の導入となる。

 

帆風は、菊全判10色両面兼用印刷機スピードマスターSM102-10-Pを始め、4台の菊全判8色両面兼用機スピードマスターSX102-8-Pを所有する長年に渡るハイデルベルグのユーザー。B to Bビジネス、Web to Printに限らず、都内に10店舗を展開し、”Vanfu”ブランドで一般消費者に向けてさまざまなサービスを提供している。紙媒体に限らず、Tシャツや、トートバッグなどのパーソナライズサービスもそのひとつで、「オムニファイア250」の導入により、既存のパーソナライズサービスをさらに拡大することとなった。

3次元オブジェクトに対応した4Dプリンティングシステム「オムニファイア250」は、最新のインクジェット技術と精密なロボット技術を融合して開発された全く新しいデジタルプリンティングソリューション。ハイデルベルグの独創的な4D印刷技術を利用して、立体形状のあらゆるオブジェクトへの印刷を実現する。様々な形状、大きさ、素材の立体物に360度の加飾が行え、お客様のニーズにあわせて柔軟にカスタマイズが可能。サッカーボールやペットボトルなど、大量生産される消費財にパーソナライズ印刷を実現する。

 

帆風の新しいサービス 帆風の新しいサービス 帆風の新しいサービス 帆風の新しいサービス 帆風の新しいサービス 帆風の新しいサービス サイト サイト 「MyBO+(マイボプラス)」

帆風の新しいサービス 帆風の新しいサービス 帆風の新しいサービス 帆風の新しいサービス 帆風の新しいサービス 帆風の新しいサービス サイト サイト 「MyBO+(マイボプラス)」

なお帆風は、4Dプリンティングシステム「オムニファイア250」導入に伴い、フルカラーで1個から創れるボールプリントサービス「MyBo+(マイボプラス)」を立ち上げた。同サービスでは、プリントしたいデータを既成のボールに直接プリントするため、顧客のオリジナルデータを自由自在に表現することができる。1個からオーダーできるので、卒業、優勝、誕生日、結婚、開店など、贈る人の”想い”を伝える特別なシーンにその価値を提供することができる。また、これまで出来なかったサッカーボールの縫い目やボールの凹凸も、その形状に合わせて最適にプリントされるため自然な仕上がりになる。