印刷業界ニュース ニュープリネット

三和 38色展開のファッションマスク「38 Colors Mask」マスクにオリジナルプリントサービス

2021.2.10

イニシャルtop

38色を取り揃えた「マスクユニフォーム」需要

東京都墨田区の三和は、マスクを衛生用品としてだけではなく、チームの団結力や士気を高めるアイテムとして、オリジナルの名入れをプリントできるSERAO「マスクユニフォーム」サービスを提供開始した。部活動、サークル、イベント、記念品、企業・店舗ユニフォームなどにおいて、想いを一つにするアイテムとしての利用を勧めている。

新型コロナウィルスの感染拡大によりマスクが生活の一部となる中、三和は“マスクをもっとポジティブに、ファションアイテムとして楽しんで欲しい”という想いから、38色の豊富なカラーバリエーションをもつSERAO「38 Colors Mask」を展開してきた。マスクの着用により、表情が伝わりづらくなる一方、感情表現の1アイテムとして色やデザインを生かしたマスクの活用事例が増えている。

そこで同社では、あらゆるシーンにおいて人々がチームとして一致団結してほしいという想いから、マスクの名入れサービス「マスクユニフォーム」の提供開始した。

イニシャル‗スポーツ応援グッズイメージ

スポーツ観戦での一体感を演出するツールになる

現在、部活動やスポーツ観戦、接客業におけるユニフォームや学生の体育祭、受験などあらゆるシーンにおいてマスクの着用が求められている。

同社が提供しているSERAO「マスクユニフォーム」は、チームの個性にあわせて29色から選べるカラーと、オリジナルのデザインにより、チームやクラブなどで、お揃いのマスクを着用し、一体感を生み出す効果が期待できる。チームカラーにロゴをプリントすることで部活動のユニフォームの1つとして、またスポーツ関連のクラブチームなどの物販グッズ、スポーツの応援用としても統一感のあるアイテムとして活用することができる。あるいは接客業やイベント関連の企業などの場合も、統一のマスクの着用で一体感を生みだせる。ロゴ入りマスクを店舗スタッフやイベントスタッフなどが着用することで、企業ブランド力の向上や宣伝効果だけでなく、盛り上げ効果、プレミア感なども演出でき、販促グッズとしても活用できる。

イニシャル‗カラー展開

カラー展開

その他にも、運動会のゼッケンの代わり、受験時の必勝マスクなど、学校生活のあらゆる行事において団体で行動する際のチームグッズとして活用できる。統一感を生み、生徒同士の絆を深め、モチベーションの向上にも繋がることが期待できる。

「マスクユニフォーム」サービスは、価格は1枚あたり330円~(税別・印刷代/版代含む)、注文は100枚から。プリントサイズはW85㎜×H40㎜、包装は1枚個包装。素材はコットン94%/スパンテレコ6%、マスクのサイズは約24㎝×14㎝(フリーサイズ)。

SERAOマスク公式ECサイト

 https://serao-shop.jp/contents/printmask