印刷業界ニュース ニュープリネット

ホリゾン 2021ホリゾン新春フェア~1月20日・22日 東京支社ショールーム

2020.12.15

ホリゾン・ジャパンは、来年1月20日、22日の両日、東京都江戸川区の東京支社ショールームで「2021ホリゾン新春フェア」を開催する。今回の見どころは、顧客へさらなる高付加価値化の提供を目指した次世代商品群『iCE Series』。❝Connected❞をキーワードに、ユーザーフレンドリーなインターフェースで作業性を向上させ、安定した生産性を自動化を高次元で追及している。また、ワークフロー「iCE LiNK」との連携で先進的な作業環境を構築する。

会場では新型コロナウイルス感染防止の観点から、1時間入れ替え制で消毒、換気を実施するため要事前予約。

 

iCE FOLDER

iCE FOLDER

「iCE Series」新製品の紙折り機「iCE FOLDER AFV-566FKT」は、ナイフストッパーの脱着作業を含めた様々な設定を自動化し、幅広い在ポリケーションに迅速に対応する。オペレーターのスキルに頼らない高精度な折りと高い再現性を実現する。

「iCE BINDER BQ-500」は、小ロットや、1冊ずつ厚みの異なるバリアブル製本に対応する高速なセット替え機能を備えた4クランプ無線綴じ製本機。厚みに応じて糊の塗布量や、ニッパー高さを自動で調整する機能を備え、容易なオペレーションで1冊ずつ厚みの異なるバリアブル製本を、最高800冊/時で仕上げる。

iCE TRIMMER、iCE BINDER

iCE TRIMMER、iCE BINDER

三方断裁機「iCE TRIMMER HT-300」は、バリアブル断裁に対応し、無線綴じ製本機とのインライン接続による完全自動化を実現した最高300サイクル/時の三方断裁機。断裁時に使用する回転テーブルは、冊子を任意の角度に回転させることができるため、通常の三方断裁に加えて小口側の角を斜めに断裁することや、冊子の表紙をガイドでめくり本身のみを断裁する雁垂れ製本冊子の断裁が可能。

紙折り機AF-402S

紙折り機AF-402S

紙折り機「AF-402S」は、バックルを2枚備えており、二つ折りや巻四つ折りが可能。バックルストッパーや各ガイドは自動で調整される。大型タッチパネルによる高い操作性と、2枚バックルのシンプルな構造で優れたメンテナンス性を発揮する。

 

 

【開催概要】

日時:1月20日(木)、22日(金)9時30分~18時

会場:ホリゾン・ジャパン東京支社ショールーム(東京都江戸川区松江5丁目10-9)

問合先:03-3652-7631