印刷業界ニュース ニュープリネット

日本製紙 「抗ウイルス」性能を持つ変性セルロース開発で用紙の素材として期待

2020.9.10

日本製紙は、「抗ウイルス」及び「抗菌・消臭」性能を持つ変性セルロース(開発品)を開発。不織布、紙などへの加工が期待されており、不織布用途以外としては、9月上旬に「抗ウイルス」及び「抗菌・消臭」性能を持つ紙製品(印刷用紙他)の上市を予定している。

 

「抗ウイルス」及び「抗菌・消臭」性能を持つ変性セルロース(開発品)は、セルロースナノファイバー(CNF)製造の中間体である変性セルロースを原料としている。化学処理した変性セルロースの表面に金属イオンを担持させる技術を施すことで、高い抗ウイルス性能、抗菌・消臭効果を発現する。

セルロースのため、不織布、紙などへの加工が容易であり、不織布をベースとする衛生材料、フィルターなど日用雑貨・工業用途への採用に期待が寄せられている。