印刷業界ニュース ニュープリネット

RMGT 内覧会で新製品を紹介 9月上旬にWebでも開催

2020.9.2

広川勝士代表取締役社長に よる開会挨拶

広川勝士代表取締役社長による開会挨拶

リョービMHIグラフィックテクノロジーは、8月25日から28日まで、広島県府中市の本社工場で「RMGT新商品内覧会」を開催し、新技術セミナーや印刷デモンストレーション、工場見学を実施した。新型コロナウイルス感染対策として、イベント1回あたり参加人数を制限した上で、参加者には入場時の検温や手指除菌、マスク着用を促し、ソーシャルディスタンスを確保した着席形式で実演した。今回の来場式の内覧会とは別に、9月上旬にはオンライン方式の新商品内覧会を行う予定。

 

セミナーでは、技術本部設計部の村重幸夫部長が、新商品に搭載された新技術を中心に、特長や優位性を説明。『菊全判RMGT970モデル』は、現在の環境に適合する最大紙寸法650×965㎜の菊全紙ジャストサイズ機。従来の菊全機と比べて刷版コストを20%削減し、さらに34%の省電力、30%の省スペース化を実現している。自動印刷機能「スマートアシストプリンティング」(オプション)により、版交換、テスト刷り、見当合わせ、濃度調整から本刷りまでの一連の工程をノンストップで自動印刷する小ロット連続印刷の稼働率を向上させる。

セミナーで「スマートアシストプリンティング」を説明

セミナーで「スマートアシストプリンティング」を説明

 

『B1サイズRMGT1050V1TP‐8』は版胴の単独駆動機構により、刷版交換中にブランケット洗浄を同時実施するサイマルチェンジャーパラレルで、従来機能から印刷準備時間をさらに約60秒短縮。また、給紙部、見当部の各種調整をプリセット化し、スキルレス化とセット時間を短縮している。

 

『RMGTスマートファクトリー』は、RMGTプレスインフォメーションクラウド(PIC)が複数台の印刷機や自動搬送ロボットのNIPPER等をつないでスマートファクトリー化を実現。印刷工程を見える化し、印刷ジョブ順序を最適化してムダのない印刷を可能にしている。自動搬送ロボットのNIPPERが工程間の紙や印刷物を自動搬送して、オペレーターの負荷軽減と人手不足に対応する。

『RMGT 970PF 8+LED UV+PQS D(I+C+R)』による印刷デモンストレーション

『RMGT 970PF 8+LED UV+PQS D(I+C+R)』による印刷デモンストレーション

 

引き続き印刷デモンストレーションに移り、菊全判8色片面・両面兼用機『RMGT 970PF‐8+LED‐UV+PQS‐D(I+C+R)』では、菊全判(636㎜×939㎜、紙厚:0.1㎜)のコート紙にA4サイズを8面付けして、15000sphの印刷速度で両面ワンパス即乾印刷を実施。

また、菊全判5色機『RMGT 970ST 5 LED UV+CC』では、K判(640㎜×940㎜、紙厚:0・28㎜)の両面コート板紙に、ハイパワーLED‐UV乾燥装置と最新のLED‐UVニスを使い、これまでのLED‐UVニスを遥かに凌ぐ高光沢と、はじき効果を実現した擬似エンボスのパッケージ印刷を披露した。