印刷業界ニュース ニュープリネット

SCREEN GA 軟包装向け水性インクジェット印刷機を開発、2021年春にリリース

2020.5.20

PacJet FL830

PacJet FL830

SCREENグラフィックソリューションズ(SCREEN GA)は、軟包装市場に向けた高速水性インクジェット印刷機「PacJet FL830」を開発し、2021年春の販売開始を予定している。

近年、パッケージ業界では、缶やガラスなどの硬質パッケージから、軽量かつ機能性を兼ね備えた軟包装パッケージへと転換する動きが拡大している。また、消費者のライフスタイルの変化やマーケティング手法の多様化により、多品種・小ロット、短納期、パーソナライズ化などのニーズが高まっている。一方で、軟包装分野でのデジタル印刷の導入は、生産性や安定性、加工性などの制約により、多くはプロモーション用途での活用にとどまっており、同業界ではプロダクション用途に耐え得る高品質と高生産性を両立したデジタル印刷機が求められている。

PacJet FL830で印刷したサンプル

PacJet FL830で印刷したサンプル

同社ではSCREENホールディングスの開発協力の下、最大基材幅830mm、業界最速レベルの75m//分の印刷スピードを実現する軟包装向け高速水性インクジェット印刷機「PacJet FL830」の開発を進めている。この装置は、食品安全規制に準拠したCMYK + Whiteの5色の水性インクを搭載し、1,200dpiの高解像度を実現することで、食品業界に求められる高い安全性と豊かな色彩表現を両立する。また、高い品質と生産性により、プロモーションからプロダクション用途までの幅広いニーズに対応し、従来のアナログ生産で課題とされていた4,000m以下の小ロットジョブにも機動力を発揮。印刷基材はPETとOPPに対応しており、今後もニーズに合わせて対応範囲を拡充していく。

インクの基材への定着には下地剤となるプライマーを利用。熱によりインクを乾燥する。

新製品の販売は日米欧からスタートする。