印刷業界ニュース ニュープリネット

日印産連 デジタル印刷関するアンケート調査、売上比率は12.4%に上昇

2020.4.30

回答企業の売上構成比

回答企業の売上構成比

日本印刷産業連合会(日印産連)はこのほど印刷業界におけるデジタル印刷に関するアンケート調査『2019年デジタル印刷市場の現状』をまとめてホームページで公開した。

同調査は日印産連構成の10団体(印刷工業会、全日本印刷工業組合連合会、日本フォーム印刷工業連合会、日本グラフィックコミュニケーションズ工業組合連合会、日本グラフィックサービス工業会、全日本シール印刷協同組合連合会、全国グラビア協同組合連合会、全日本スクリーン・デジタル印刷協同組合連合会、全日本製本工業組合連合会)と、日本印刷技術協会から抽出した713社にアンケート用紙を郵送、213社から回答を得た。

調査によると、回答企業の全体の売上に占めるデジタル印刷の割合は平均12.4%で、前年度の11.2%からわずかに増加。一社平均の保有台数は3.88台で、前年度の4.28台から0.4ポイント減少した。

方式別ではトナー(粉体)が371台、トナー(液体)が28台、大判インクジェットが186台、高速インクジェット(枚葉)が17台、高速インクジェット(連帳)が26台、インクジェット(オフセット機等搭載)が3台、シール・ラベルが24台の内訳。デジタル印刷の売上上位の受注品目の順位は1位が事務用印刷、2位がDM、3位が報告書、論文、議事録となった。成長率、将来性についてはDMに期待が集まっている。

受注1件あたりの平均ロットは500枚以下が全体の57.2%だった。