印刷業界ニュース ニュープリネット

凸版印刷 AIカメラで感染症拡大抑止を支援、入場者のマスク着用有無を自動判別

2020.4.27

タブレット端末のカメラで入館時の人物画像を解析

タブレット端末のカメラで入館時の人物画像を解析

凸版印刷は、東京都文京区のトッパン小石川ビルでAIカメラを活用したサービスで高い技術を保有するAWL(東京都千代田区)をパートナーに、AIカメラを活用した画像解析による感染症拡大抑止を目的にした新たなサービスの実証実験を開始した。

実証実験の第1弾として、オフィス入館時のマスク装着/未装着を自動で判定し、未装着の場合は受付にアラートを表示する「マスク装着検出・アラート表示」の実証を実施。これにより、入館時のマスク装着徹底を効率的に行うことが可能になり、従業員や関係者の安全安心な環境整備を目指す。

凸版印刷では実証実験で得られた知見をもとに、2020年5月を目標にAIカメラを活用した感染症拡大抑止サービスを提供開始。また、サーモグラフィー活用した発熱者検出や、人物間距離計測による密集検知・予測などのサービスを加えていく。