印刷業界ニュース ニュープリネット

キヤノンMJ 目論見書オンデマンド印刷システムを構築、保管・配送コスト削減

2020.4.3

「目論見ンデマンド印刷システム」全体像

「目論見ンデマンド印刷システム」全体像

キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)は、みずほ銀行、野村総合研究所(NRI)と共同で、『目論見書オンデマンド印刷システム』を構築した。

金融機関では投資信託を扱う上で、顧客本位の業務運営を行う必要があり、コンプライアンスの遵守と業務効率化の両立が課題となっている。投資信託の勧誘や販売ではタブレットによるペーパーレス化が進む一方、交付義務のある「交付目論見書」や「運用報告書」「販売用資料」は、顧客からの要望もあり主に印刷物で提供している。各店舗では、目論見書の有効期限の確認、補充、棚卸、廃棄など人手による在庫管理負荷や旧版配布のリスクが課題となっており、加えて各運用会社からの目論見書を一次保管する集中倉庫の保管コストや各店舗への配送コストが発生していた。

キヤノンMJはNRIが提供する投信文書プラットフォームサービス「FundWeb Library」から、PCレスで簡単に複合機の操作パネル上で必要なデータを参照、検索し印刷する『目論見書オンデマンド印刷システム』をみずほ銀行と共同で構築。これにより、多種多様な目論見書データを一元管理し、目論見書が必要な時に必要部数をその場で出力できるようになる。常に最新の目論見書を出力することで、旧版配布のリスクを防止すると共に、倉庫から店舗への配送が不要となり、保管・配送コストの大幅な削減を実現する。