印刷業界ニュース ニュープリネット

電通 テレビ番組・CM視聴者のスマホに視聴後最速30分で関連広告を配信する「Celer STADIA」を提供開始

2020.1.8

電通は、テレビ番組やテレビCMの情報に接触したと推定される人々に対して、視聴後最速30分で手元のスマートフォンに、視聴した情報に関連したデジタル広告を配信させる技術を開発し、ソリューション「Celer STADIA(セラ・スタジア)」として提供を開始した。

 

従来、テレビ番組・CMの情報に基づく即時のデジタル広告配信は、テレビで表示されるタイミングに合わせてスマホ等にデジタル広告を表示させることに留まっていた。そのため、視聴した”人”を推定して、実際にその”人”にデジタル広告を接触させるには、早くても視聴してから数日が必要とされていた。

この度、オフラインとオンラインの統合マーケティング基盤「STADIA」において、高頻度で収集した視聴データを高速分散解析する「Celerエンジン(セラ・エンジン)」によって、実際に視聴した”人”(推定)に、最速30分後にデジタル広告の配信が可能となった。(現時点で連動できる広告プラットフォームはTwitter、Facebook、Criteo DSP)

その結果、視聴者は、テレビ番組・CMで目にした特定の商品や店舗の情報に関心が高くなっている状態のまま、検索の手間無く再び触れることになる。広告主としてはより高い広告効果を期待できるようになる。