印刷業界ニュース ニュープリネット

ミマキ 3Dプリンターで造形した上田城跡地形と南櫓の模型を上田市に寄贈

2019.8.19

上から上田城跡地形全体、瓦・鯱瓦、内装

上から上田城跡地形全体、瓦・鯱瓦、内装

ミマキエンジニアリングは、地元地域である長野県上田市と連携して上田城跡地形/南櫓の3Dデータを作成し、同社製3Dプリンターで出力した造形物を同市に寄贈する。

寄贈の目的は、造形物及び同企画を通じて上田城の認知度向上を図り、上田城櫓復元の一助とすること。上田市では、明治維新後に取り払われた櫓の復元を計画しており、不足している資料、情報提供を広く呼びかけている。ミマキエンジニアリングでは上田城の認知度向上と資料収集に協力するため、3Dプリンターで造形した上田城跡地形(1/378スケール)と南櫓(1/55スケール)の模型を同市に寄贈する。模型は今後市役所で展示され、一般開放されるほか、イベントでの展示や教育機関で活用される予定。

同社では今後、社会貢献活動の一環として、「ミマキ文化遺産3Dプリントプロジェクト」を開始。歴史ある文化遺産と最新の3Dプリント技術を融合させ、地域活性化に貢献していく。