印刷業界ニュース ニュープリネット

印刷スマートファクトリーを具現化、Think Smart Factory2019開催へ
11月11日~13日 京都

2019.4.11

TSF2019 実⾏委員会は、11 ⽉11 ⽇から13 ⽇までの3日間、京都市左京区の「みやこめっせ」で、『Think Smart Factory2019』を開催する。

実行委員会は、キヤノンマーケティングジャパン、富⼠フイルムグローバルグラフィックシステムズ、goof、⽇本HP、ホリゾン、J Spirits、コニカミノルタ、リコージャパン、SCREEN、レゾロジック、バリューマシーンインターナショナルの11社で構成する。

IoTの普及により、いよいよ繋がる時代へと本格的に動き始め、印刷業界においてもその流れは次第に加速を強めている。機械設備を提案・販売するメーカーにおいても、単なる⾃動化や省⼈化といった流れではなく、この時代背景を正しく捉えたビジネスそのもののエコシステム提案が求められている。
IGAS2018 では市場リーダーとなる9 社がホリゾンブース内に設置したSmart Factory Zone に集結し、ユーザーと共にSmart Factory の実現に向けたセッションを繰り広げ⼤きな反響を得た。その熱意を次につなげる取り組みとして、新たにTSF2019 実⾏委員会を結成し、 Think Smart Factory 2019 を実施開催する。
前述の通り、Think Smart Factory 2019 はTSF2019 実⾏委員会という業界をリードするメーカー・ユーザーが共同企画として主催するもので、業界の発展と市場の活性化を⽬指した展⽰内容となっている。今回の展⽰では、会場内全体をワークフローで繋ぎ、⾃動搬送⾞やロボット等も取り⼊れ、実稼働を通してSmart Factoryを体感できる計画を進めている。
4,000㎡の会場内には、ホリゾンのポストプレス機器を中⼼とした、最終成果物視点で考えるワークフロー構築をキーに、⼊り⼝から出⼝までを実稼働の中で確認することのできるEnd to End のワークフロー構築へと繋げられることを表現する。また、デジタルだから出来る“オートメーション”、デジタルだから出来る“⾼画質印刷”といった展⽰も注⽬の展⽰として計画している。

現段階での出展社は、キヤノンマーケティングジャパン、富⼠フイルムグローバルグラフィックシステムズ、goof、⽇本HP、ホリゾン、J Spirits、コニカミノルタ、リコージャパン、SCREEN、レゾロジック、ユーザーサイドからは⽇本写真印刷コミュニケーションズ・ニューブックが参画を計画している。具体的なワークフロー連携と機器構成は今後明確にしていく予定だが、各社が個別のブースを持つ形態ではなく、展⽰ホール内全体でSmart Factory をイメージ出来る横の繋がりを重視した配置と内容で計画を進めていく。

また、IGAS2018 時と同様に会場内にSmart Factory Zone を設置し、3⽇間で16セッションを同時通訳付きで実施する。
開催にあたり、国内・海外のユーザーの来場を想定し、海外から⼈気の⾼い京都を開催地とした。開催時期が11⽉11⽇〜13⽇ということから、京都の紅葉と⽇本の⽂化に親しんでもらうことも重要な役割としている。京都の初秋を楽しめる早朝の散歩ツアーや懇親会等も計画しており、会場内だけでなくロケーションをまるごと楽しめる企画を検討しているという。

https://thinksmartfactory.com/