印刷業界ニュース ニュープリネット

慶大SFC研究所、出版4社、出版デジタル機構が未来の出版に関する研究開始

2017.6.28

慶應義塾大学 SFC 研究所とKADOKAWA、講談社、集英社、小学館、出版デジタル機構は、共同で慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)に、未来の出版に関する研究を行う Advanced Publishing Laboratory(APL)を設置することで合意した。

APL の設立は、日本でも広く使用されている電子書籍の国際標準規格 EPUB の管理運営が、インターネットの国際標準化団体 World Wide Web Consortium(W3C)に統合され、W3C 内に Digital PublishingBusiness Group が設けられたことがきっかけ。この統合によって、未来の出版はインターネットのパブリッシングとより親和性を増すことになる。日本の出版が新しい時代に適応し国際競争力を高めるためには、世界に誇る質の高い日本の伝統的な出版技術とデジタル技術の融合をさらに推し進める必要がある。出版 4 社とデジタル技術で出版業界の変革を目指す出版デジタル機構は、W3C で重要な役割を果たす。活動期間は2年。