印刷業界ニュース ニュープリネット

トッパンフォームズ IoT関連製品の生産体制へ静岡県袋井市に新工場

2017.5.11

トッパン・フォームズは、ビジネスフォームの生産効率向上やIoT関連製品の生産体制強化、BCP体制の強化などを目的に、静岡県袋井市に「東海工場(仮称)」を建設する。

東海工場にはグループ会社のトッパン・フォームズ東海の静岡県内3工場の集約。名古屋工場のビジネスフォーム製造機能を移管するとともに、新型印刷機の導入などにより大幅な生産効率の向上を図る。加えてマーケットニーズの高いIDカードを中心としたカード製品やICタグ・ラベルを中心としたIoT関連製品の生産体制を増強することでITイノベーション事業の強化につなげる。さらにグループ会社のトッパン・フォームズ・サービスと共同で東海工場内に物流センターを新設し、トッパンフォームズグループ全体の物流効率改善にも取り組む。竣工は2019年後半を予定。