印刷業界ニュース ニュープリネット

【HSF2021】ダックエンジニアリング カットシート装置にフルカラーバリアブル印刷検査装置搭載

2021.10.1

(画像はイメージです)

(画像はイメージです)

ダックエンジニアリングは10月18日から22日の5日間、ホリゾン本社びわこ工場Horizon Innovation Parkで開催されるHorizon Smart Factory 2021(HSF2021)で、ホリゾンのシートカット装置SmartStackerに同社製の「フルカラー バリアブル印刷検査装置」を搭載したシステムを提案する。大判デジタル印刷後に必須の断裁工程をインライン化し、一貫して自動生産することができるSmartStackerに同社の検査装置を搭載することで品質検査が自動化される。

 

同システムでは、SmartStackerでバーコード印刷なしで検査が可能になる。マスタ切り替え用のバーコードを印刷しなくても、丁合い不良(ページ抜け、順番間違い、紙折れ、カットズレ)や印刷不良(図柄、文字間違い、色、カスレ)を検査。印刷後工程の品質管理の効率化と正確性を実現する。

 

画像センサーはLED照明内蔵でコンパクト。光学部分の省スペース化によりデジタル印刷機のインライン検査にも対応する。デジタルアナログ検査、アナログバリアブル検査、部分可変検査、小ロット検査、不良排出も可能となる。

 

同社の検査機は印刷工程のインライン、オフライン両方で実績を上げ、ユーザーからの高い評価を得ている。最近では無線綴じ機や折り機等へのインライン搭載の採用が進んでおり、活躍する領域が広がっている。