印刷業界ニュース ニュープリネット

富士フイルムBI 2021年度イノベーション・プリント・アワードの応募受付を開始

2021.9.21

FFBI_IPAtop

富士フイルムビジネスイノベーション(富士フイルムBI)が主催する2021年度イノベーション・プリント・アワードの応募受付が開始した。

『イノベーション・プリント・アワード(Innovation Print Awards)』は、デジタル印刷に関するコンテストプログラムで、2008年からアジア・パシフィック地域で開催しているもの。応募締め切りは11月5日(必着)。

 

審査対象は、富士フイルムBIのデジタルプリンター(2021年3月31日以前に導入されたものを含み)及び富士フイルム Acuity series/Jet Pressを使って制作された印刷物。

応募部門は、大きく「アプリケーション部門」と「印刷技術/目的別部門」の2つがあり、それぞれに細かくカテゴリーが設けられている。応募者は、複数の作品を応募できるが、同一作品を複数のカテゴリーに応募することはできない。ただし、一つの作品を、アプリケーション部門と印刷技術/目的別部門」に同時に応募することはできる。

応募作品は、後加工も含む出力品質、イノベーションのレベル、ビジネス効果、総合的なクリエイティビティなどから審査される。各カテゴリー毎に第1位、第2位が選出されるほか、最優秀賞としてベストイノベーションアワードが贈られる。

 

応募の詳細については、特設ページで確認できる。同サイトでは、過去の優秀作品も紹介しているので、応募の参考としても役立てることができる。

 

【応募資格】

富士フイルムと富士フイルムBIの商品で生み出されたデジタル印刷コミュニケーション作品。(富士フイルムBIとFUJIFILM Acuityシリーズ/FUJIFILM Jet Pressシリーズ含むB2判やワイドフォーマットのインクエット印刷機)

【応募カテゴリー】

アプリケーション部門:書籍・ブック、パンフレット・カタログ・リーフレット、マルチピース、ポスター・大判もの・長尺もの、折りたたみカートン・パッケージ、カレンダー、フード/ドリンクメニュー、芸術関連製品、ダイレクトメール、オフィス用品、その他

印刷技術/目的別部門:環境、特殊色の活用、自社プロモーション作品、テクノロジー、ビジネス効果

【応募期日】

11月5日18時(必着) *応募用紙のハードコピーと作品5セットを送付

 

2021年度イノベーション・プリント・アワード https://www.fujifilm.com/fb/company/event/innovationprintawards