印刷業界ニュース ニュープリネット

FFGS 立ち合い確認を不要にする軟包装印刷向け『遠隔色校正システム』

2021.7.29

軟包装印刷向け『遠隔色校正システム』

軟包装印刷向け『遠隔色校正システム』

富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ(FFGS )は、モニター上で軟包装印刷の最終的な品質確認を可能にした『遠隔色校正システム』 を発売した。これにより立ち合いによる確認が不要になり、クライアント、コンバーターともに業務負担の軽減、時間・コストの削減を図ることができる。

新製品は専用のモニター、スキャナ、インクジェットプリンターと、カラーマネージメントソフトで構成される。印刷現場で色見本と試刷りをスキャナで読み込むと、遠隔地のモニター上にそれぞれのサンプルの色が忠実に再現され、微妙な色調差を確認することができる。必要に応じて、インクジェットプリンターで出力することも可能。「印刷工場でなければ立ち会い確認ができない」という制約を取り払い 、品質合意プロセスの大幅な効率化、OK判断の迅速化が図れる。グラビアコンバーターとクライアントの間だけでなく、印刷現場と営業など、コンバーター社内でのコミュニケーションの効率化・精度向上も期待できる。