印刷業界ニュース ニュープリネット

ピツニーボウズジャパン 郵便発送と宅配便発送の統合ソリューションSendPro®+を発売

2021.7.15

送り状ラベルの印字出力、配達状況のトラッキング、運送会社間の料金比較が可能に

送り状ラベルの印字出力、配達状況のトラッキング、運送会社間の料金比較が可能に

ピツニーボウズジャパンは、企業が郵便物や宅配便を発送する際に適切な発送方法を簡単に選択できる、オフィス向け郵便発送・宅配便発送の統合ソリューション SendPro®+(センドプロプラス)の販売を開始した。

SendPro®+は、従来の郵便料金計器としての郵便発送機能に加え、新たに業界初となる宅配便発送機能を搭載。増え続ける宅配需要に対応し、オフィスの発送業務全般の効率化に貢献する。SendPro®+はSendPro®シリーズの最新機器で、直観的で快適な操作が可能な 7インチカラータッチパネルを搭載している。インターネット接続により、最新の郵便料金表やソフトウェアの追加機能をリアルタイムに自動更新。新たに搭載された宅配便発送機能では、 郵便料金計器としては初となる、日本郵便とヤマト運輸の送り状ラベルの印字出力、配達状況のトラッキング、運送会社間の料金比較が可能となり、発送作業の生産性を各段に向上させる。

 

トラッキング機能搭載で宅配状況も確認可能

トラッキング機能搭載で宅配状況も確認可能

 

<宅配便機能>
日本郵便とヤマト運輸に対応した送り状ラベルの印字出力により、送り状の手書き作業が不要となる。宛先の登録、呼び出しもタッチパネル で 簡単に操作可能で 、発送業務効率を向上する 。また、送付物のサイズを計測の上、該当サイズ 、サービスの種類を選択すると、それぞれの運送会社間の料金を比較でき、より安価な運送会社を選択することで、発送コストの削減にも貢献する。発送後の管理として、トラッキング機能を搭載。荷物の配送状況は、送り状番号入力の必要もなく、簡単にSendPro®+上で確認できる。さらに、顧客専用ウェブサイト、カスタマーポータルサイトを利用すると、アドレス帳のアップロード、部門及び運送会社ごとの利用状況レポートの閲覧、取得が可能 となり、従来の送り状の控えの保管等、紙での管理が不要となり、宅配発送管理をデジタル化し、業務の簡素化を実現する。

 

<郵便発送機能>
付属の一体型スケールがハガキ、封書から小包まで正確に計量し、正しい郵便料金を即座に算出。切手の代わりとなる印影と、郵便料金を自動で素早く印字する。郵便通数や料金の確認、差出表の作成といった煩雑な作業が不要となり、郵便物の発送作業時間を大幅に削減する。さらに、部門別集計機能では、SendPro®+上で処理された郵便物の日計・月計・種別データ(エクセル・CSV・PDF)をEメールで 取得でき、社内の郵便コスト管理を簡略化する。

 

SendPro®+詳細

https://www.pitneybowes.com/jp/shipping-and-mailing-new/jp-postage-meters/sendpro-plus.html