印刷業界ニュース ニュープリネット

祝日変更について オリンピック開催で祝日移動、会期中は関連エリアで交通規制も

2021.7.5

7月がスタートしたが、今月の後半は東京オリンピック2020(7月23日~8月8日)の開催により祝日が変更されており、7月の海の日以外に、8月の山の日、10月のスポーツの日がそれぞれ移動している。

会期中は、会場周辺エリアの交通規制もあるので、注意したい。加えて、首都高速道路の料金なども昼間と夜間それぞれ変更となる。

なお、パラリンピックは、8月24日から9月5日まで。

 

【祝日の移動】

祝日の移動については、内閣官房 東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部事務局で発表しており、首相官邸ホームページから確認できる。

https://www.kantei.go.jp/jp/headline/tokyo2020/shukujitsu.html

 

2021年の変更・・・

■海の日:7月の第3月曜日→ 7月22日(木) *オリンピック開会式前日

■スポーツの日:10月の第2月曜日→ 7月23日(金) *オリンピック開会式当日

■山の日:8月11日→ 8月8日(日) *オリンピック閉会式当日、8月9日(月)は振替休日

 

【交通規制について】

■首都高速道路

東京2020大会時、首都圏の日中の交通量増加が想定されることや、夜間利用の促進を目的に変更される。夜間割引は、0時~4時の首都高利用料金を5割引となり、日中の6時~22時の首都高都内区間を利用するマイカー等へは料金が1,000円上乗せされる。

対象期間は、7月19日 〜8月9日と、8月24日 〜9月5日。

 

また、自転車ロードやトライアスロン、パラリンピックマラソンなどの開催時にも道路の規制がある。

東京オリンピック公式サイトでは、大会期間中の交通対策について、また警視庁の公式サイトでも東京2020オリンピック・パラリンピック関係の交通規制について発表している。