印刷業界ニュース ニュープリネット

KOMORI 44インチサイズのリスロンGX44RP/G44アドバンスを発表

2021.2.17

リスロンG44 アドバンス

リスロンG44 アドバンス

小森コーポレーションは、オフセット枚葉印刷機「リスロンGX/Gアドバンス」シリーズに、新たに「リスロンGX44RP/G44アドバンス」をラインアップした。

2020年8月に発表した「リスロンGX/Gアドバンス」は、“世界最高クラスのROI(投資収益率)を提供する”をコンセプトに、10月より販売を開始。このたび新たに44インチサイズの2機種をアドバンスモデルとしてリスロンシリーズにラインアップする。

「リスロンGX/Gアドバンス」シリーズはイージーオペレーションで高い生産性と印刷品質を実現。さらに、「コネクテッド・オートメーション」コンセプトに基づき、工程間の連携強化・最適化、上位システムからの情報をもとにしたプリセットによる高度な自動化を可能にし、印刷工程全体の生産性を向上する。

「リスロンG44 アドバンス」はフォーマットサイズを生かし、大判パッケージ印刷で高い生産効率を達成している、菊全判機「リスロン G40アドバンス」とのコンビネーションにより 、 双方の生産を効率化する。このサイズは40インチに近いサイズのため、マシンハンドリングが容易で余分な人手がかからず、多面付け生産品目の優位性が高いことから、日本や中国、アジアを中心としたパッケージ印刷市場で再注目されている。今回アドバンスモデルとしてブラッシュアップすることで、KOMORIのパッケージ印刷における主力商品の一翼を担うモデルとなる。

「リスロンGX44RPアドバンス」は、安定した紙搬送によるワンパス両面印刷を武器に、薄紙印刷から厚紙印刷まで高い生産性を発揮する。

受注開始日は2021年3月1日。